スズキ/MRワゴン(MF21)~エンジンチェックランプが点灯修理~「P0340]原因はカムポジションセンサー!「自動車」

      2017/01/12

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

<スポンサーリンク>

スズキ MRワゴン(MF21)エンジンチェックランプが点灯する修理

mrwagon-00001

スズキ MRワゴン(MF21)

(写真をクリックで大きな画像をご覧になれます。)

車は、スズキ自動車のMRワゴン(MF21)

エンジン型式はタイミングチェーン式で可変バルブタイミング装備のK6Aである。

「くるまにあ」の所有する代車の1台です。

運転中にエンジンチェックランプが点灯!

スズキ MRワゴンを運転しているとエンジンチェックランプが点灯したのを確認しました。

エンジンの症状ですが、今回も前回と同様にエンジンチェックランプが点灯するもののエンジンには不調を感じられない。

それに前回の「P0325」のノッキングセンサーの時の故障の様に、エンジンチェックランプが点灯したり消灯したりがなく、点灯をしたままでエンジンを停止しイグニッションOFFから再度エンジンをかけてもすぐに始動します。

スズキ/MRワゴン(MF21)~エンジンチェックランプが点灯修理~
「P0325」原因はノックセンサー!「自動車」

エンジンを再始動をしてもエンジンチェックランプが消灯せず点灯したままである。

エンジンチェックランプの点灯しすぐにランチテックのX431ダイアガンでエンジンコンピューターが記憶しているダイアグノーシスの故障コード、Pコードと呼ばれるコードを確認しました。

X431

ランチテッjク X431 ダイアガン

(写真をクリックで大きな画像をご覧になれます。)

これは以前のブログでも「P0325」の故障コードを検出した車である。

「P0325」のノックセンサーの故障のお話は下記リンクからご覧になれます。

スズキ/MRワゴン(MF21)~エンジンチェックランプが点灯修理~「P0325」原因はノックセンサー!「自動車」

MRワゴンと診断機ランチテックのX431と通信!「P0340」を確認。

MRワゴンのOBDⅡコネクタのカプラーにランチテックX431ダイアガンの送信機を取り付けてエンジンコンピューターの状況を測定してみました。

するとエラーコードが1つでてきました。

mrwagon-0010

ランチテック X431 ダイアガン

(写真をクリックで大きな画像をご覧になれます。)

その故障コードとは「P0340」である。

「P0340」とは・・・。

カムシャフトポジションセンサーの異常である。

カムポジションセンサーとは、カムシャフトの角度(位相角)を見るものです。

可変バルブタイミング(VVT)の制御するためにカムシャフトの位置が基準角に対してどれだけズレているかを知るために必要不可欠です。

この故障コードは前回の「P0350」のノックセンサーの故障を修理してからエンジンコンピューターのダイアグノーシスの故障コードをリセットしているので間違いなくカムポジションセンサー関連での故障が発生していると判断しました。

勿論、エンジンチェックランプが点灯中ですのでエンジンコンピューターをリセットしても故障コードは消去されません。

その日は遅かったのでPコードだけの確認で終わり、故障コードをリセットし翌日点検する事にしました。

 

mrwagon-0005

スズキ MRワゴン(MF21)

(写真をクリックで大きな画像をご覧になれます。)

 

症状再現

翌日、エンジンを始動してみるとすぐにエンジンはかかりエンジンチェックランプは点灯しませんでした。

しばらく走行をしてみたもののエンジンチェックランプは点灯しません。

昨日と翌日の違いは温度であるものの可能性が高いので、エンジン回転数を2000回転付近をキープしてみました。

するとエンジンルームの温度が高くなってきたせいなのかエンジンチェックランプが点灯しました。

ランチテックのX431 ダイアガンで診断してみるとやはり「P0340」のカムポジションセンサーを表している。

エンジンルームに行きカムポジションセンサーの確認をする事にします。

やはりカムシャフト側のセンサーに異常がでているのを確認したので交換します。

事務所でカムポジションセンサーの純正部品の値段を調べてみると1個が約5000円位します。

この車はカムポジションセンサーと言う名前が同じでも、実際にはスズキのK6Aエンジンにはカムポジションセンサーが二つ存在しております。

それぞれ名前は同じでも役割が異なってきます。

1個は名前のそのままのとうりでカムシャフトの回転を読み取りエンジンコンピューターに信号を送り可変バルブタイミングの状況を把握しております。

もうひとつは、クランクシャフトの回転数を読み取っております。

ちなみにこちらのセンサーが故障するとエンジンが始動できなくなる可能性が大きくなります。

どちらも同じ品物を使っており1個が故障するともう一つも故障する可能性もあるのと、くるまにあの代車でもあるので、代車を使用中のお客様も困る事があるので2個交換します。

純正部品で1個5000円で2個交換となると10000円しますので外品を使用します。

外品を使用する事により1個約1100円で購入する事ができました。

[amazonjs asin=”B01M17ASSR” locale=”JP” title=”SUZUKI (スズキ) 純正部品 ブラケット クランクアングルセンサ 品番12613-58J31″]

[amazonjs asin=”B00FZFWXQ4″ locale=”JP” title=”NAP/アーネスト カムポジションセンサー(スズキ) SZCM-0003″]

ちなみに純正品番はこちらでした。

K6Aエンジンのノンターボ用  33220-76G02

mrwagon-mf210007

MRワゴン MF21

(写真をクリックで大きな画像をご覧になれます。)

左が純正で、右が社外です。

社外でもOリングもついているので安心です。

部品交換

ボンネットを開けて、エンジンのフロント側とリヤ側にセンサーが取りついております。

交換方法に関しては結構ほかのブログでも書いているので省略します。

カムポジションセンサーだけではなく、ダイレクトイグニッションコイルのカプラーなども取り外すので下記のようなコネクター外しの工具があると便利です。

[amazonjs asin=”B002P90NCY” locale=”JP” title=”室本鉄工 メリー HS175C カップリングツール”]

mrwagon-mf210006mrwagon-mf210005

(写真をクリックで大きな画像をご覧になれます。)

まとめ

今回も前回と同様でエンジンのエンジンの不調が少なく、エンストまでなる事がなく通常走行が可能ではありますが、エンジンチェックランプが点灯するとエンジンコンピューターは自己学習機能を止めて、エンジンコンピューターの初期状態でエンジンが動きます。

学習機能がとまる事により加速不足や、燃費の悪化なども生じてきます。

エンジンチェックランプはエンジンコンピューターが異常を表しているので走行可能状態でもお早目の修理をしてください。

今季は前回のノックセンサーとカムポジションセンサーが同時に故障を起こらかったものの2か所同時に故障を起こしていたらエンジンに不調がでたのかもしれません。

故障には数か所が一気におこるトラブルもありますが、このMRワゴンに関してはひとつひとつトラブルがあったため早急に故障を修理する事ができました。

前回のMRワゴンのノックセンサー不良に関しては下記リンクをクリックするとジャンプします。

スズキ/MRワゴン(MF21)~エンジンチェックランプが点灯修理~
「P0325」原因はノックセンサー!「自動車」

<スポンサーリンク>

関連

下記リンクは「くるまにあのブログ」のページにジャンプします。

「くるまにあのブログ」のブログTOPページ

スズキ/MRワゴン(MF21)~エンジンチェックランプが点灯修理~
「P0325」原因はノックセンサー!「自動車」

自動車メンテナンス記事

スズキ自動車に関する記事一覧

[amazonjs asin=”B01M17ASSR” locale=”JP” title=”SUZUKI (スズキ) 純正部品 ブラケット クランクアングルセンサ 品番12613-58J31″]

[amazonjs asin=”B002P90NCY” locale=”JP” title=”室本鉄工 メリー HS175C カップリングツール”]

[amazonjs asin=”B00FZFWXQ4″ locale=”JP” title=”NAP/アーネスト カムポジションセンサー(スズキ) SZCM-0003″]

cropped-kurumaniarogo1.jpg

故障診断修理のくるまにあ

 

 - メンテナンス, 自動車 , ,