ジムニー~JA11~カプチーノツインカムエンジン サイドシルカット!「自動車」 by くるまにあ

   

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

スズキ ジムニー(JA11) サイドシルカット

 

SUZUKI JIMNY JA11

 

車は、スズキ ジムニー(JA11)

エンジンは本来F6Aのシングルカムターボエンジンですが、このジムニーはカプチーノのツインカムエンジンを搭載したF6Aです。

以前から「くるまにあ」が所有している車両の1台です。

 

なにげなくですが・・・。

なにかが不自由で!でもなく、ただ単にサイドシルをカットしてジムニーの地上高を目の錯覚で高く見えるかな?位の発想でなんとなくサイドシルカットをしてみようと思いサイドシルガードを取り付けてみました。

サイドシルとはボディーの部分でフロントタイヤとリヤタイヤの間の下の部分です。

ジムニーのサイドシルの部分は袋状になっており、この部分をへこましたりするととても板金が大変な部分となっております。

そこでロックなどの岩場等で走行する方はこのサイドシルをカットし、補強を目的でカットし、その部分を強化するのにサイドシルガードと言う部品を取り付けたりします。

いままでロックはしないので不要と言えば不要ですが、あれば助かる事もあるかも・・・位な目的で取り付けてみました。

 

サイドシルカット

サイドシルをカットするまえに紙テープと言われる養生用の粘着性の低いテープでカットラインを出していきます。

使用する工具はサンダーとエアーソーです。

エアソーとは、糸ノコをコンプレッサーの圧縮圧力が動力源であり、圧縮空気でノコを動かします。

カットラインをだせばひたすら「切る」だけです。

サイドシルは袋状になっているのでボディーの手前と奥側を切っていきます。

養生用テープのカットラインをサンダーで

 - 自動車