スマホ・タブレットのベタベタ指紋汚れの謎「スマホ・タブレット」

      2017/01/12

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

<スポンサーリンク>

スマホ・タブレットのベタベタ指紋汚れの正体とは

スマホには便座の何十倍以上殺菌がある!との記事を前回のブログの記事を書きました。

それにスマホやタブレットのタッチパネルに指紋のベタベタ汚れの記事もかきましたが、その指紋についてさらに調べてみました。

こちらが前回のブログ記事になります。

スマホやタブレットの指紋のベタベタ汚れ 細菌・バイクテリアがたくさん潜んでいた「スマホ」

kininaru

人間の指の指紋とは

人間の指の指紋は人様々な形をしており、指紋でその人を特定できるまでみなさんバラバラな模様をしております。

指紋とは指先の皮膚にある汗腺の開口部が隆起した線(隆線)により出来る紋様。またはこの隆線の形作る模様が物体の表面に付着した跡の様です。

 

指紋の役割

汗腺の開口部が隆起した線により形成され、その細い溝と皮膚の表面にあるいくつもの汗腺から分泌される汗によって滑り止めの役割を果たしているといわれています。

 

指紋痕の成分

指紋の成分を科学的に調べてみると、指紋(ベタベタ汚れ)の成分の正体は脂肪分(油分)だそうです。

手の平や足の裏から分泌される汗はエクリン腺から分泌され99%以上の水分と1%未満の塩分しか検出きないとの事。

指先から分泌される汗には油分は含まれておりません。

スマホのベタベタ汚れの正体は???

先ほどの説明にもありましたが、人間の指から出てくる分泌物に油分がなく、99%の水分と1%未満の塩分しかでていないのになぜスマホやタブレットに油分を含んだベタベタ指紋がついてくるのでしょうか?

実は、指紋の原因となる脂肪分は、顔や頭皮、腕、足など、体毛が生えた皮膚にある皮脂腺から分泌される脂肪分です。

皮脂腺は全身の全ての毛穴に存在しており、脂肪酸グリセリンエステルを主成分とする皮脂を分泌しています。

皮脂は皮膚や体毛の表面を薄い膜状に覆い、皮膚や体毛の保護や保湿、病原菌の排除などといったバリアの役割を果たしています。

毛穴が無い手のひらや指には皮脂腺は無く、皮脂は分泌されていません。
しかし、人は本能的に手で身体を触り異変がないかを確認しているので、いつの間にか指先に脂肪分が付着しているのです。そのため指先や手で触れた物体には、くっきりと指紋が残ってしまうのです。

tenohira

(写真をクリxクで大きな画像をご覧になれます。)

そこで試してみました。

まず手を綺麗にしてから、顔や頭皮、腕、足だどの毛根が生えて油分のある皮膚を指で触りその直後にスマホのタッチパネルを触るのと、もう一度手を綺麗に洗ってスマホのタッチパネルを綺麗にしてからスマホのタッチパネルを触ってみる事にしました。

この説明が正しければ指を油分のある皮膚部分に触ったスマホのタッチパネルには指紋のベタベタ汚れが発生し、手を綺麗にしてからスマホのタッチパネルをさわるとベタベタ指紋がつかない事になるはずです。

画面が大きくなればなるほど、スマホのタッチパネルに嫌なベタベタ指紋汚れが目立つので私の以前所有していたapple社のiPhone5で試してみたいと思います。

方法と条件

 

● 油分のある部分を指でスマホのタッチパネル触った時

スマホのタッチパネルを綺麗にします。

手を洗った直後の手はさらさらしております。

そこで顔や頭を触ると、指は少しべたついた感じです。

その指でスマホのタッチパネルを触るといつもの様にベタベタ指紋の汚れが付いてきます。

tyokuzenn

(写真をクリxクで大きな画像をご覧になれます。)

 

● 手を洗った直後にスマホのタッチパネルを触った時

スマホのタッチパネルを綺麗にします。

先ほどのべたついた手を石鹸でよく洗うと、手はサラサラしております。

そのサラサラした状態でスマホのタッチパネルを触ってみました。

するとあのベタベタした指紋汚れがつきませんでした。

tyokugo

(写真をクリxクで大きな画像をご覧になれます。)

<スポンサーリンク>

対処方法

やはり、人間の指から油分はほとんど出ていないのがわかりました。

人間は無意識で顔や髪を触って、その油分がついたままでスマホのタッチパネルを触っているようです。

常に水と石鹸を持ち運び、指をどこかの油分のある場所に触れたあとにすぐ手を洗うように心懸けるとあの嫌ベタベタ指紋がスマホのタッチパネルにはつきません。

これがベタベタな指紋汚れが付かない対処方法だと思います。

しかし、指に油分をついたからすぐに手を洗うなんてできる事はありません。

スマホのタッチパネルにベタベタな指紋汚れが嫌な方は、スマホのタッチパネルを触る時は手をよく洗いましょう。

これも、スマホは携帯電話でもあり、いつどこで電話がなるかわからないのになかなかできませんよね。

そのままの状態では常に防汚・殺菌はしてくれないので、持ち運び便利なウエットティシュを持ち運ぶと便利かもしれませんね。

 

まとめ

よくタッチパネルと書いてきておりますが、タッチパネルはスマホやタブレットだけではなく、自動車ならナビゲーションシステムも指で操作するタッチパネルのひとつです。

たまにナビゲーションのタッチパネルが、同じところをよく触る操作をするみたいで、その部分だけタッチパネルがこすれているのもよく見かけます。

家庭用の電化製品なんかにも指で操作するタッチパネルもたくさんあるので、スマホやタブレット同様かと思います。

銀行なんかで言うと、キャッシュコーナーのATMです。

数日前に携帯のプラン変更で携帯ショップに行ったところ、契約内容が正しければサインをするのですが、以前なら用紙にボールペンでサインをしましたが、今では携帯ショップのタブレットのタッチパネルでサインですよね。

携帯ショップのタブレットでもこのベタベタ指紋汚れには対応できていないようです。

自分のスマホよりベタベタ汚れが凄かったです。

この銀行や携帯ショップなんかでは、不特定多数の指紋のたまり場です。

これらも同様に気づかないだけで、あの嫌なベタベタ指紋汚れがついていることになります。

前回の私のブログにも書きましたが、特に食事まわりにあるタッチパネル式の電化製品にはベタベタ指紋汚れ以外にも殺菌・バクテリアが存在しているので汚い!だけでは済まないかもしれません。

常に洗浄をし清潔にして、殺菌や抗菌を心がける事をお勧めします。

 

関連

前回の私のブログの記事です。

スマホやタブレットの指紋のベタベタ汚れ 細菌・バイクテリアがたくさん潜んでいた「スマホ」

スマホ関連の記事一覧はこちらになります。

 

 - スマホ・携帯・タブレット , ,