技術料金をもっと安く~格安方法~「自動車」@くるまにあ

      2017/01/12

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

<スポンサーリンク>

車の修理代金を格安に安くする方法

いきなりですけど、みなさんは自分の愛車に愛着はありますか?

自動車に乗っている限りと言うより、自動車を持ち続けてる限り車の故障やメンテナンス等が生じてきます。

自動車修理屋のほとんどがその故障やメンテナンス作業の代行をし営みと行っております。

すなわち手間作業の工賃です。

工賃の時間当たりの工数は店によりまちまちですが1時間当たりの工賃(アワレート)平均6000円から17000円が相場です

大きな作業をするともちろん工賃が高額になり加算方式となっています。

そこで少しでも工賃を安く、格安に済ませるために「くるまにあ」では対策をとっております。

「自分の車は自分で治す。」

これが一番安く済み部品代のみとなり価格を抑える事が出来ます。

みなさん全員が行えば自動車屋さんは必要なくなります。

それにともない知識も必要となってきます。

そこまでできるなら自動車屋さんにもなれますよね

自動車屋さんをするには、スペースや道具も必要になります。

自分の仕事をしながらになるので時間も余分にかかります。

 

「自分の車だからお手伝いする。」

ほとんどの方は「自分の車は自分で治す。」なんてできない。

これが普通です。

しかし、「くるまにあ」では以前から行ってきましたが、自分の車の故障やメンテナンスの価格を格安にするには「お手伝い」をする事で技術料金を安くする方法を取っております。

いわゆる工賃ですね。

お手伝いですので、「すべて任せる!」ではなくこちらからも技術提供をしスペース、工具なども提供し自分の車の故障やメンテナンスのお手伝いをすればよいのです。

過去の内容次第では工賃が半額まで安くなる事もありました。

半額って50%オフなのでかなりの激安です。

 

■ 目的と方法

これはお客様から見ると、コストを低価格で提供できる事です。

「くるまにあ」ならではのサービス商品です。

この理由で「くるまにあ」にお手伝いする方が大半ですが、もっと大事なのが愛車にもっと愛着をもってもらうのが目的です。

今では、ネットで安く部品を購入したけど取り付けてくれる人がいない。

または取り付けてくれる店があっても持込料金ですと工賃が2倍になるなんて事は良く聞きます。

やっぱり自動車屋から見ても、愛車は大切に乗ってもらいたいのです。

故障やメンテナンスのケアーだけではなく、この車に何をすれば快適にドライブできるのかのアドバイスなども行います。

 

■ 条件

車種や、お手伝いしたい故障修理やメンテナンスの状況を「くるまにあ」までご連絡ください。

内容を聞いてできない場合はお断りさせていただくこともあります。

完全予約制で、必ず自分の車でしか行いません。

友人の車や、同居の方の車では行いません。

(場合によっては車検証と免許証を見せて頂く事もあります。)

基本は週末の土曜日限定となっております。

(事前予約ですので土曜日以外も可能な場合もございます。)

出張でのアドバイスもできますが別途出張料金が発生します。

<スポンサーリンク>

過去の例

これはほんの一例です。

日産 ウイングロードリヤワイパー故障

リアドアパネルの内貼りを脱着し、内貼りのピンを打ち直してもらっております。

otetudai

(画像をクリックすると大きな画像でご覧になれます。)

トヨタ カルディナ マフラー修理

マフラの修理の状況です、

本人は自動車屋さんではありません、

マフラー制作までできるような金属加工業の方です。

otetudai1

(画像をクリックすると大きな画像でご覧になれます。)

スズキ アルト

エンジンオイル交換

エンジンオイルエレメント交換

これは出張作業にて行いました。

otetudai2

(画像をクリックすると大きな画像でご覧になれます。)

三菱ミニキャブバン

箱替え

これも出張作業にて行いました。

otetudai4

(画像をクリックすると大きな画像でご覧になれます。)

 

kurumaniarogo1

 - メンテナンス, 自動車 ,